本文へスキップします。

CSRの取り組み

パシフィコ横浜では地域社会への貢献や環境保全への取り組みなど、さまざまなCSR活動に取り組んでおります。

パシフィコ横浜の活動事例

地域貢献

みなとみらいで星空観察写真01

パシフィコ横浜×はまぎん こども宇宙科学館 『みなとみらいで星空観察』

2015年より、はまぎん こども宇宙科学館との共催イベント「みなとみらいで星空観察」を継続的に開催しています。

みなとみらいで星空観察写真02

みなとみらいで星空観察写真03

国立大ホール エントランスロビーのステンドグラス「星座‘94※に描かれたギリシャ神話に基づく星座の解説と、屋外で星空を天体望遠鏡で観察をお楽しみいただける人気のイベントです。

ステンドグラス「星座 '94横浜」

国立大ホールのオープンした1994年の開港記念日(6月2日)に横浜上空に見える星空をコンピューター解析して星座を配置し、平山郁夫画伯による原画を元に製作されました。壮大な星の神話、ギリシャ神話の世界を描いています。

ヨコハマ恐竜展2017写真01

ヨコハマ恐竜展2017写真02

ヨコハマ恐竜展2017写真03

ヨコハマ恐竜展2017 こどもミライ応援プロジェクト『太古の森にタイムトリップ!』

2017年夏に開催の『ヨコハマ恐竜展2017』において、こどもミライ応援プロジェクト『太古の森にタイムトリップ』を開催いたしました。横浜市社会福祉協議会に協力いただき、横浜市内の児童養護施設などの子どもたちを『ヨコハマ恐竜展2017』に無料招待し、17施設・団体163名が参加しました。後日、参加の子どもたちから、当日の楽しい思い出をつづった日記や、恐竜の描かれたお礼状がたくさん届きました。

2014年に開催の『ヨコハマ恐竜展2014』においても「東日本大震災被災者支援プログラム」として、横浜市内在住の被災者の方々をご招待し、期間中329名(大人200名・こども129名)にご参加いただきました。

ボランティア清掃活動01

ボランティア清掃活動02

ボランティア清掃活動03

みなとみらい21地区ボランティア清掃活動

28,000人のランナーが、横浜の街をかけぬける『横浜マラソン』。
ゴール地点となるパシフィコ横浜周辺をマラソンの翌日に清掃しようと活動を立ち上げました。

2017年10月の第2回大会は、荒天により開催中止になりましたが、翌日の朝に、当社と協力会社のボランティアスタッフ約30名で、みなとみらい地区の道路や緑地の清掃活動を行いました。約1時間の作業で33キロのゴミを回収しました。

当社ルールに従い分別・計量した結果は下記のとおりです。

【内訳】

①粗大(傘等) 7.4㎏
②汚れたプラスチック 9.9㎏
③一般廃棄物 6.0㎏
④ビンカンペットボトル 9.4㎏

環境保全への取り組み

ワークショップ写真01

ワークショップ写真02

夢ワカメ・ワークショップへの参画

横浜港におけるワカメ育成による海域浄化を目的として、毎年、臨港パークで開催されている『夢ワカメ・ワークショップ』。

当社では、サステイナブル活動の一環として、今年初めてこのイベントに参加しました。17回目となる今回のワークショップでは、2017年11月25日にワカメの種付け作業、2018年1月27日に収穫作業をおこない、総重量800kg超のワカメを収獲しました。
当社で収獲したワカメの一部も、同ワークショップと一緒に活動しているNPOを通じて、ミャンマーに寄付をしました。

人材育成の取り組み

次世代育成事業写真01

次世代育成事業写真02

横浜市文化観光局「MICEを活用した次世代育成事業」への協力

2017年10月、横浜市文化観光局の「MICEを活用した次世代育成事業」として、横浜市内公立中学校英語弁論大会で入賞者した学生たちが、パシフィコ横浜で開催された『第57回アジア・オセアニア核医学会』の開会式で、海外参加者の誘導案内をしました。
はじめは声を掛けることすら躊躇していた生徒たちも、途中から参加者に積極的に声をかけて、誘導案内を行い、MICEの現場を体験する貴重な機会になりました。

こどもアドベンチャー写真01

こどもアドベンチャー2015 inパシフィコ横浜
横浜まるごと冒険隊!~いろんなお仕事。人との出会い~
会議場の舞台裏に潜入!~会議場を支えるプロの仕事を楽しく学ぼう~

こどもアドベンチャー写真02

こどもアドベンチャー写真03

こどもアドベンチャー写真04

横浜市教育委員会主催で、夏休みの時期に、小中学生を対象として仕事体験などの場を提供している『こどもアドベンチャー※。』

パシフィコ横浜では、2015年に、会議場を支えるプロの仕事を授業形式で学ぶプログラムで参加しました。小学校高学年を対象としたこのイベントでは、看板製作・PA卓操作(音響の効果)・照明卓操作(照明機材見学)映像操作卓・カメラ操作など、実際に会議の現場で使用している機材に触れながら学ぶ体験型のプログラムを実施しました。開催当日は、午前・午後の2回で64名に参加いただき、全員に終了証も授与しました。

2008年にも、こどもアドベンチャーに参加し、世界とつながる仕事 ~みなとみらいの国際機関とパシフィコ横浜~というタイトルで、パシフィコ横浜に入居の国際協力センター各機関とともに、各国際機関の活動の説明とオフィスの見学、さらには世界各国の民族楽器や民族衣装の展示と試着などを行いました。

こどもアドベンチャー写真05

こどもアドベンチャーとは??

横浜市教育委員会が主催となり、市内の小・中学生を対象に、キャリア教育の視点から、「働く」ことや、様々な社会体験を通じた「人との交流」の場や機会を提供し、横浜市役所をはじめとした公的機関や民間企業等 の協力で毎年開催しているイベントです。

詳細はこちら

施設探検ツアー写真01

パシフィコ横浜国立大ホール20周年記念 「こども施設探検ツアー」

2014年8月に、国立大ホールオープン20周年記念で夏休みこども施設探検ツアーを開催しました。

施設探検ツアー写真02

施設探検ツアー写真03

当日のツアーでは、ロビーやホールはもちろん、普段立ち入ることのできない同時通訳ブースや、5000席を目の前にした大きな舞台、さらには舞台裏の多くの機材の見学など、実際に見て、触って、試して、ホールの大きさを体感していただきました。1回につき1時間半のプログラムで、計4回のツアーに小中学生94名が参加しました。