本文へスキップします。

代表取締役社長 挨拶

世界一使いやすい国際会議場をめざして


株式会社横浜国際平和会議場
代表取締役社長
鈴木 隆サイン

パシフィコ横浜は、日本最大の国際会議場として1991年の開業以来、多くのお客様にご愛顧いただいてきました。

これまで、「お客様の大切な瞬間を最高の瞬間とするために」という理念をかかげて、安全・快適で高品質な施設とサービスを提供できるよう、取り組んでまいりました。

パシフィコ横浜は、三つの強みを持っています。第一にMICEに必要な会議・展示・宿泊という諸機能・諸施設を1カ所に集積した「ALL IN ONE」の施設であること。第二に景観とアクセスの良さを併せ持つ恵まれた立地環境、観光や宿泊が集積するMICE開催適地である横浜にあること。そして第三にAPEC(2010年日本APEC 横浜リーダーズウィーク)やTICAD(アフリカ開発会議)をはじめ、多くの国際会議の運営を支えた豊富な経験をもつことです。

現在、2013年から2030年にかけて施設の大規模改修を進めており、お客様や時代のニーズに対応した機能強化を図っております。また、隣接地には、2020年に横浜市が新たなMICE施設の整備を計画しています。既存施設と併せてお客様に新たな価値をご提案するとともに、横浜のMICE機能の強化にも貢献してまいりたいと考えております。

「国際観光・MICE都市 横浜」のMICE拠点として、学術・文化・産業の発展や、地域の活性化と国際平和に貢献できるよう、今後も取り組んでまいります。引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。