本文へスキップします。

お知らせ

未来にむけたオンデマンドの乗合型公共交通サービス、横浜MaaS『AI運行バス』を体験してみませんか? 印刷

2018/10/05
「乗りたいときに、行きたい場所までダイレクトに運んでくれる」オンデマンドの乗合型公共交通サービス、横浜MaaS『AI運行バス』の実証実験が、10月5日よりスタートしました。

これは、横浜市経済局の『I-TOP 横浜』事業の一環として、株式会社NTTドコモにより、みなとみらい21地区を中心に実施されるものです。専用アプリを使って配車を手配、最適なルートの配車により、待ち時間も少なく目的地までスムーズな移動が可能になります。
パシフィコ横浜では、乗降ポイントの設置、配車操作用の「まちかど端末」の設置や、参加者向け割引クーポンの提供を通じて、この事業に協力しています。
新しい移動手段として、観光客だけではなく、会議や展示会、イベントの参加者の利用を見込んでいるという、この新しい企画。パシフィコ横浜にご来場の際、実際に体験してみませんか?

<横浜MaaS「AI運行バス横浜実証」事業概要>
実施期間 2018年10月5日(金)~2018年12月10日(月)
利用料金 無料
運行時間 10:00~21:00(予約受付終了)※バスは予約次第で最大22:00まで運行
運行エリア みなとみらい21地区から元町・中華街地区までのベイサイドエリア 31か所
車両台数 タクシー車両 10台
利用方法 専用アプリから、配車を予約し、みなとみらい21地区内の乗降ポイントから利用します。アプリがなくても、パシフィコ横浜にある「まちかど端末」からも操作ができます。 乗車には「AIバスリーフレット」掲載の乗車券が必要となります。
AI運行バスホームページ https://yokohama.ai-bus.jp

<パシフィコ横浜でのご利用について>
パシフィコ横浜では、以下の場所がご利用いただけます。
「まちかど端末」設置場所 会議センター2Fエスカレーター横(ホテル1Fにも設置されています)
「乗降ポイント」場所 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル1F

<「I-TOP 横浜」とは>

横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等(IoT、ビッグデータ、AI、ロボット等)を活用したビジネス創出に向けた、交流・連携、プロジェクト推進、人材育成等を包括的に進めていくプラットフォーム。これらの取組みから個別プロジェクトを立ち上げ、「新たなビジネスモデル創出」、「中小企業のチャレンジ支援」、「社会課題解決への貢献」を目標としています。

I-TOP 横浜ホームページ https://itop.yokohama/


一覧へ戻る