本文へスキップします。

誘致支援サービス

パシフィコ横浜では、国際会議や国際的なイベントの誘致にあたり、さまざまなお手伝いをしております。

  • 誘致に必要な会場計画書の作成
  • 横浜観光コンベンション・ビューロー(YCVB)との共同サポートによる国際会議誘致のための資料づくり
  • 国際会議誘致の立候補で必要となる経費の助成「パシフィコ横浜国際コンベンション支援プログラム」

横浜観光コンベンション・ビューロー(YCVB)の誘致支援サービスについてはこちら

パシフィコ横浜国際コンベンション支援プログラムとは

パシフィコ横浜では、2007年より、「パシフィコ横浜 国際コンベンション誘致支援プログラム」をスタートいたしました。これは、パシフィコ横浜での国際会議を計画される主催者が、誘致競争を勝ち抜いて開催を決めていただくために、誘致経費の一部を当社が提供する、主催者応援のプログラムです。是非ご活用ください。

1.対象団体

パシフィコ横浜を会場として国際会議開催地の国際コンペに立候補する協会・学術団体

2.対象コンベンション

次の①~③の全てを満たし、下記のA・Bコースのどちらかにあてはまる国際会議
①パシフィコ横浜での開催が初めてのもの
②パシフィコ横浜の知名度向上と、横浜の学術・文化・国際交流・経済の振興に寄与するもの
③政治目的・宗教目的以外のもの

Aコース

・主催: 国際団体本部・国際団体支部
・参加者数: 2,000人以上 うち海外参加者 500人以上
・参加国数: 5カ国以上(日本を含む)
・パシフィコ横浜会場使用料: 40,000千円以上

Bコース

・主催: 国際団体本部・国際団体支部・日本の協会団体
・参加者数: 500人以上 うち海外参加者 100人以上
・参加国数: 5カ国以上(日本を含む)
・パシフィコ横浜会場使用料: 20,000千円以上

3.支援金額

Aコース  最大300万円 誘致活動経費 最大150万円 + 開催時における経費 最大150万円
Bコース  最大150万円 誘致活動経費 最大75万円 + 開催時における経費 最大75万円

4.プログラムの支援対象となる経費の内容

①広告宣伝費:会議開催のためのギブアウェイ(無料提供品)購入、制作など
②印刷費:ビッドペーパー(立候補提案書)、招待状、開催案内等
③交通費:日本主催者の海外渡航費、国際本部スタッフの日本への渡航費と空港⇔横浜の移動費
④宿泊費:日本主催者の海外滞在費と横浜での宿泊費、国際本部スタッフの横浜での宿泊費
⑤会議費:Japan Night、Yokohama Night または日本側主催者が国際本部スタッフを招待する経費
⑥その他:特に必要と認められる経費:誘致のための会議会場費、備品費など

5.申し込み

随時受付。申込書等必要な書類をご提出いただきます。詳細はお問い合わせください。

パシフィコ横浜 営業推進部
TEL 045-221-2121(平日9:00~12:00、13:00~17:30)
FAX 045-221-2136
E-mail yoyaku@pacifico.co.jp