本文へスキップします。

30周年シンボルロゴ

パシフィコ横浜 開業30周年ロゴ 誕生ストーリー

横浜を拠点とするデザイナー、小山飛鳥さん。

パシフィコ横浜のブランドロゴ、「海」と「緑」、さらには「七つの海」と「五つの大陸」を象徴し、3人が肩を並べている形から着想を得て、30年を記念するロゴをご提案いただきました。パシフィコ横浜のこれまでの30年とこれからの未来を伝える新しい世界感を感じてください。

参考:パシフィコ横浜の名前の由来とコーポレートマークについて


3人の航海者の物語


30年前、

まだ何もなかった「みなとみらい21地区」に、
開港都市横浜の歴史を引き継いだ、コンベンション施設が誕生する。

その施設を、叡智と想像力が結集する、世界との「交流」の場とするため、
三人の航海者が決意する。


その決意は、

日本・世界と全地球的にコミュニケーションを拡げ、
みなとみらい21地区、日本・横浜の発展の醸成を担い、
30年で七つの海、五つの大陸に知れ渡り、世界的なコンベンション施設となった。


30年経った今、

想像もしていなかった未曾有の事態に直面し、
「人流」は止まらざるを得なかったが、「交流」が人にとっていかに重要であったか、
決意の「心」が教えてくれた。


未来に向けて、世界と輪になり手をつなぐ。


30年前、まだ何もなかった「みなとみらい21地区」に、開港都市横浜の歴史を引き継いだ、コンベンション施設が誕生する。
その施設を、叡智と想像力が結集する、世界との「交流」の場とするため、三人の航海者が決意する。
その決意は、日本・世界と全地球的にコミュニケーションを拡げ、みなとみらい21地区、日本・横浜の発展の醸成を担い、30年で七つの海、五つの大陸に知れ渡り、世界的なコンベンション施設となった。
30年経った今、想像もしていなかった未曾有の事態に直面し、「人流」は止まらざるを得なかったが、「交流」が人にとっていかに重要であったか、決意の「心」が教えてくれた。
未来に向けて、世界と輪になり手をつなぐ。