本文へスキップします。

代表取締役社長 挨拶

社長メッセージ


株式会社横浜国際平和会議場
代表取締役社長
額田樹子サイン

平素より格別のご高配を賜り、心より御礼申し上げます。

また、新型コロナウイルス感染症感染拡大により影響を受けておられる方々に、お見舞い申し上げますとともに、感染症の一日も早い収束を心から願っております。併せて、医療現場で献身的に治療にあたっていらっしゃる医療関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

パシフィコ横浜は、1991年の開業以来、MICE開催に必要な会議場・展示場・宿泊施設を1カ所に集積した「ALL IN ONE」のMICE施設として、多くのお客様にご愛顧いただき、おかげさまで開業30周年を迎えました。

2020年4月24日には「パシフィコ横浜ノース」を開業いたしました。国内最大規模となる約6,300㎡の多目的ホールと大中小42室の会議室からなるこの施設は、国内・国際会議のみならず、数千人規模の大規模パーティーを伴う企業インセンティブイベントなど、新たな需要を創出するものと確信しております。既存施設と併せ、横浜のMICE機能の強化に貢献してまいりたいと考えております。

文化や学術、経済は、Face to Faceの交流により発展してきました。昨年来、「大勢で集まる」ということが難しい状況が続き、人々には「会いたい。集いたい。」という欲求が高まっていると思われます。

私たちは「人とひとの交流の“場”を支える施設」として、新常態に向き合い、お客様に安全・安心・快適な開催環境を提供するとともに、以前にも増して素晴らしい瞬間・体験を提供する必要があります。環境・社会・経済の各分野に配慮したサステイナブルな施設経営に配慮しながら、こうした課題に全社一丸となって取り組んでまいります。

お客様ならびにご関係の皆様におかれましては、引き続き一層のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。