本文へスキップします。

代表取締役社長 挨拶

社長メッセージ


株式会社横浜国際平和会議場
代表取締役社長
鈴木 隆サイン

パシフィコ横浜は、1991年の開業以来、国内最大級の国際会議場として多くのお客様にご愛顧いただいてまいりました。2019年の新たな企業理念のもと、安全・快適で高品質な施設とサービスを提供するとともに、国連サミットにおいて採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の精神を踏まえ、環境・社会・経済の各分野に配慮したサステイナブルな経営を意識し、「アジアOnly 1、No.1のMICE施設」を目指し、取り組んでおります。
 
施設間競争の激化や、統合型リゾート(IR)整備の動きなど、MICEを取り巻く環境は大きく変化しているなか、2020年4月24日に「パシフィコ横浜ノース」を開業いたしました。国内最大規模となる約6,300㎡の多目的ホールと大中小42室の会議室からなるこの新施設は、国内・国際会議のみならず、数千人規模の大規模パーティーを伴う企業インセンティブイベントなど、更なる需要を取り込むことができると確信しております。既存施設と併せて、新たな価値をご提案するとともに、横浜のMICE機能の強化にも貢献してまいりたいと考えております。

現在、全世界が新型コロナウイルス感染症という未曽有の脅威に直面するなかで、MICE業界も大変危機的な状況に面しております。そうしたなか、パシフィコ横浜の三つの強み「MICEに必要な会議・展示・宿泊を1カ所に集積した「ALL IN ONE」の施設」「景観とアクセスの良さ、観光や宿泊が集積するMICE開催適地であること」「数々の重要な国際会議の運営を支えた豊富なノウハウと経験」を活かしながら、「人とひとの交流の“場”を支える施設」として、さらにこれに立ち向かう新たなMICEの形を企業持続の鍵と捉え、新しい価値を創造できるイノベーションへ取り組んでまいりたいと考えています。

2021年には開業30周年という大きな節目を迎えます。より一層地域の魅力を活かし、アジア太平洋地域で最もユニークなコンベンション開催地として、地域のさらなる発展に貢献してまいります。

お客様ならびにご関係の皆様におかれましては、引き続き一層のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。