本文へスキップします。

お知らせ

未来にむけたオンデマンドの乗合交通システム、横浜MaaS『AI運行バス』の実証実験第2弾がスタート! 印刷

2019/10/10
「乗りたいときに、行きたい場所までダイレクトに運んでくれる」オンデマンドの乗合型公共交通サービス、横浜MaaS『AI運行バス』の第2回目の実証実験が、本日10月10日よりスタートしました。

『AI運行バス』は、利用者がスマートフォンの専用アプリを操作し、乗車予約できるサービス。AIによる最適なルートの配車により、待ち時間も少なく目的地までスムーズな移動が可能になります。また、アプリで観光施設やグルメスポット、イベント情報を検索し、みなとみらい21地区、関内エリアなどの横浜ベイエリアの回遊を楽しむことができます。

パシフィコ横浜では、乗降ポイントの設置、アプリ専用クーポンの提供を通じて、この事業に協力しています。

未来の移動手段として、観光客やMICE参加者をはじめ、居住者、勤務者の利用も見込んでいるというこの新しい企画。

パシフィコ横浜にご来場の際に体験してみませんか?

 


「AI運行バスの実証実験」事業概要

実施期間:2019年10月10日(木)~20日(日) 11日間
実証実験の目的
高需要ルートへの大型車両の活用による検証、車いす利用者への検証、商業施設の集客サポート機能の検証、リアルタイム移動需要予測技術の検証
運行期間:10:00~21:00(予約は20:30まで)
利用料金:無料(通信料は自己負担)
乗降ポイント:横浜ベイエリア(みなとみらい~山下公園)の33カ所
※パシフィコ横浜では、パシフィコ横浜展示ホール横、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルで乗車可
利用方法: 
専用アプリ(日・英対応)から、配車を予約し、乗降ポイントから利用します。アプリには、市内観光施設・商業施設などの250を超える店舗・施設の情報やクーポンがあり、横浜観光をサポートしています。
URLhttps://yokohama.ai-bus.jp/
※AI運行バスは、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※天候等により運休する場合がございます。

 AI運行バスの車両には、このロゴがついています



一覧へ戻る