本文へスキップします。

お知らせ

7月29日、パシフィコ横浜は開業30周年を迎えました 印刷

2021/07/29



2021年7月29日、パシフィコ横浜は、開業30周年を迎えました。

1991年の開業以来、これまで、数多くのお客様ならびにご関係の皆様にご愛顧・ご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
横浜・みなとみらい21地区の最先端に誕生し、街の発展とともに歩みながら、約27,000件の催事・約8,700万人ものお客様をお迎えしてまいりました。

昨年4月には、「パシフィコ横浜ノース」を開業いたしましたが、全世界が新型コロナウイルス感染症という未曽有の脅威に直面し、MICE業界も大変危機的な状況に面しております。これまで大切にしてまいりました「人とひとの交流の“場”を支える施設」としての変わることのない役割を果たすとともに、さらにこれに立ち向かう新たなMICEの形を企業持続の鍵と捉え、新しい価値を創造できるイノベーションへ取り組んでまいりたいと考えています。

また、国連サミットにおいて採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の精神を踏まえ、環境・社会・経済の各分野に配慮したサステイナブルな経営を意識し、「アジアOnly 1、No.1のMICE施設」を目指し、取り組んでまいります。より一層地域の魅力を活かし、アジア太平洋地域で最もユニークなコンベンション開催地として、地域のさらなる発展に貢献してまいります。

お客様ならびにご関係の皆様におかれましては、引き続き一層のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

参考:パシフィコ横浜のあゆみ(沿革)

1991年7月 開業当初のパシフィコ横浜(会議センター・ホテルが開業)




現在のパシフィコ横浜


30周年ロゴ誕生ストーリー

横浜を拠点とするデザイナー、小山飛鳥さん。

パシフィコ横浜のブランドロゴ、「海」と「緑」、さらには「七つの海」と「五つの大陸」を象徴し、3人が肩を並べている形から着想を得て、30年を記念するロゴをご提案いただきました。

パシフィコ横浜のこれまでの30年とこれからの未来を伝える新しい世界感を感じてください。

参考:パシフィコ横浜の名前の由来とコーポレートマークについて


3人の航海者の物語

30年前、

まだ何もなかった「みなとみらい21地区」に、
開港都市横浜の歴史を引き継いだ、コンベンション施設が誕生する。

その施設を、叡智と想像力が結集する、世界との「交流」の場とするため、
三人の航海者が決意する。


その決意は、

日本・世界と全地球的にコミュニケーションを拡げ、
みなとみらい21地区、日本・横浜の発展の醸成を担い、
30年で七つの海、五つの大陸に知れ渡り、世界的なコンベンション施設となった。


30年経った今、

想像もしていなかった未曾有の事態に直面し、
「人流」は止まらざるを得なかったが、「交流」が人にとっていかに重要であったか、
決意の「心」が教えてくれた。


未来に向けて、世界と輪になり手をつなぐ。


一覧へ戻る