本文へスキップします。

プレスリリース

パシフィコ横浜、新『企業理念』と『中期経営計画(2019-2021)』を策定
印刷

2019/06/26

~BEYOND EXPECTATION~2020年新施設ノースオープンと2021年開業30周年に向けて

パシフィコ横浜は 、2020年に新施設『パシフィコ横浜 ノース』のオープン、2021年には、開業30周年という大きな転換期を迎えるにあたり、『中期経営計画(2019~2021)~BEYOND EXPECTATION~』および新たな『企業理念』を策定いたしました。

当社が目指す『10年後の姿』を描き、その実現に向けた経営指標、及び具体的な戦略となる『中期経営計画(2019~2021)~BEYOND EXPECTATION~』を策定し、取り組みをスタートいたします。

また、次の30年を見据え、“Mission / Vision / Value”の3つのキーワードを基に、新たな『企業理念』を設定しております。

今後も、現状に満足することなく、さらにその先を見据え、全社員が進むべき方向性を共有し、新たに掲げた企業理念・経営計画を実現していくことで、引き続き『アジアOnly 1, No.1のMICE施設』を目指してまいります。

「当社の目指す10年後の姿」 及び 「中期経営計画」の概要

(1) 当社の目指す10年後の姿

‣Management Target Figure(経営目標数値)の達成
‣地球にやさしい会場運営を
‣MICE施設運営ノウハウを活かして、国内施設の運営を
‣地域のポテンシャルを活かしたパシフィコ横浜らしい地域貢献を
‣MICE業界の飛躍に貢献する人財育成を
‣ステークホルダーの期待に応え、愛される会社に

(2) 中期経営計画(2019~2021) ~ BEYOND EXPECTATION ~

「10年後の姿」の実現に向けた第一歩として、以下の基本方針で構成する『中期経営計画(2019~2021)~ BEYOND EXPECTATION ~』を策定いたしました。
本計画に掲げた課題の解決、目標の達成を通じ、更なる企業価値の向上に努めてまいります。

<成長戦略>
■ブランド力の強化
‣アジアでOnly1, No.1のMICE施設へ
‣持続可能なMICE施設として、地球にやさしいMICE開催環境の提供
■営業のパラダイムシフト
‣ノース開業に伴う新規顧客開拓と新たな市場の創出
‣ノース開業に向けた円滑な開業準備
‣付加価値の高い商品・サービスの開発
■新規事業の創出
‣MICE周辺事業のビジネス化

<基本戦略>

‣人材育成
‣収益力の強化
‣中長期大規模改修
‣業務改革
‣経営基盤の強化

<数値目標>
2018年度実績:総売上高      82.8億円
       (内、MICE事業売上) 50.0億円
2021年度目標:総売上高      112億円
         (内、MICE事業売上)   73億円

パシフィコ横浜の新たな企業理念

新たな企業理念は、私たちの使命・存在意義を表す「Mission」、私たちの目指す企業像を表す「Vision」、その実現に向けた私たちの価値感や心構えを示す「Value」で構成し、あらゆるステークホルダーに理解・浸透しやすい内容・表現といたしました。

Mission

‣私たちは、イノベーションが生み出される、人とひとの交流の“場”を支え、希望に満ちた未来の実現に貢献します。

Vision

‣私たちは、快適で魅力ある施設と、お客様の理想を叶えるソリューションを提供していきます。
‣私たちは、地域の魅力を活かし、アジア太平洋地域で最もユニークなコンベンション開催地として、地域の更なる発展に貢献します。

Value

‣どんな時でも、すべてのお客様を温かくお迎えします。
‣私たちは、個性の尊重とチームの成長を通して、最高のパフォーマンスを発揮します。
‣常に防災意識を持って、お客様に安全、安心な施設を提供します。
‣環境への負荷を減らし、持続可能な施設運営を実施します。
‣世の中の変化に柔軟に対応し、新しい波を起こし続けます。


関連資料

プレスリリース

パシフィコ横浜、新『企業理念』と『中期経営計画(2019-2021)』を策定

企業理念

企業理念 Mission/Vision/Value(2019年策定)

中期経営計画(2019~2021)~BEYOND EXPECTATION~

「当社の目指す10年後の姿」及び「中期経営計画」の概要

関連資料

アニュアルレポート2018

一覧へ戻る