本文へスキップします。

プレスリリース

パシフィコ横浜での国際会議(7/29~30)参加者120名が昭和の下町風情漂う野毛地区で日本のナイトライフを体験! MICE参加者向け“はしご酒体験”イベント『野毛おもてなしナイト』を本稼働
印刷

2019/08/26

~ユニークベニュープログラムとして地域のナイトタイムエコノミーを促進~

国内最大級の複合MICE※1施設、パシフィコ横浜は、2019年7月29日と30日の2日間、国際会議参加者向けユニークベニュー※2プログラムとして、“はしご酒体験”イベント『野毛おもてなしナイト』を企画・開催しました。

「野毛おもてなしナイト」は、横浜市と横浜観光コンベンション・ビューローで誘致し、パシフィコ横浜で開催された国際会議「第39回 地球科学・リモートセンシング国際シンポジウム 2019 (IGARSS 2019)」の公式イベントとして実施されました。昨年6月の実証実験を経て、今回初めて、本プログラムを活用いただいたものです。パシフィコ横浜から徒歩圏にある、昭和の下町風情漂う居酒屋エリア「野毛地区」の16店舗を会場に、海外から約120名が参加し、日本文化の「はしご酒」を体験しました。

今後も、ナイトタイムエコノミー(夜間の経済活動)促進とMICE参加者を送客する新しいユニークベニュー提案につながる取り組みを推進し、横浜の魅力の発信とともに、経済エンジンとして地域に貢献してまいります。

 
 
 
 
 「野毛おもてなしナイト」参加者の様子
参加者からは、「チケット制で、手軽に日本らしいものが食べられて、いい企画だ。」
「街の人もスタッフも、みんなフレンドリーで楽しい。」
「ドバイから来たの。宗教の関係もあって、魚を選んだの。美味しかったわ!」
「みなとみらいとの街の雰囲気のギャップが良かった。」などの感想を得た。

■開催概要
1.開催日時 2019年7月29日(月)、7月30日(火)  19:00~21:00 (2時間)
2.企画名 Social Event:Noge Evening (Japanese Casual Food Walk in Noge Area)
3.主催学会 第39回地球科学・リモートセンシング国際シンポジウム2019(IGARSS 2019) (世界56か国の科学者・研究者など約2,500人が参加)
4.共催 横浜市、株式会社横浜国際平和会議場
5.参加費 38ドル(「1ドリンク&おつまみ」チケット×2枚(2店舗分)含む)
6.参加店舗 
野毛本通り、野毛柳通り、野毛小路を中心とした16店舗(居酒屋、バー、すし屋など) (例)papajohn、鳥どり、すきずき、ホルモン大夢、立喰寿司まんぼう など
7.募集人数 各日60名 計120名
8.実施内容
日本文化を楽しむことを目的とした、横浜の下町風情のある居酒屋エリア「野毛」ではしご酒を体験する学会参加者向けプログラム。各1時間で対象2店舗のはしご酒を楽しむ。各店舗には座席が確保されており、注文は専用のチケット制のため、気軽に居酒屋体験ができる。(追加注文も個別精算にて行える。各店舗に英語メニューあり。)
9.その他
・「コンシェルジュ(通訳案内人)」を配置し、店舗への送客や店舗との会話サポート、周辺ガイド(交通・ホテル等、野毛以外の地域も含む)などの運営サポートを実施。
・街づくりをテーマに活動している地元大学の学生ボランティア団体「RCE横浜若者連盟」も参画し、店舗案内を実施。
10.実証実験レポート(前回)
プレスリリース「MICEでナイトタイムエコノミーの促進を狙う『野毛 横浜おもてなしナイト』実証実験を開催」

※1 MICEとは
Meeting(企業ミーティング)、Incentive Travel(報奨・研修旅行)、Convention(国際会議)、Exhibition/Event(展示会/イベント)といったビジネスイベントの総称。
※2 ユニークベニューとは
ユニークベニューとは、歴史的建造物、文化施設や公的空間等で、会議・レセプションを開催することで特別感や地域特性を演出できる会場のことを指す。誘致に大きな効果を発揮する各都市のユニークベニューは、日本においても積極展開が求められている。

プレスリリース

パシフィコ横浜での国際会議(7/29~30)参加者120名が昭和の下町風情漂う野毛地区で日本のナイトライフを体験!

動画

一覧へ戻る