本文へスキップします。

プレスリリース

パシフィコ横浜市民向けオンライン内覧会 第2弾! 「おうちで3D&VR パシフィコ横浜国立大ホール バーチャル内覧会」
印刷

2021/03/05

国際会議やイベントの舞台となった国立大ホールを最新・高精細なVR技術で体感

国内最大級の複合MICE※1施設、パシフィコ横浜(正式名称:株式会社横浜国際平和会議場 所在地:横浜市西区、代表取締役社長:渡辺巧教)は、東日本唯一の国立の国際会議場である『国立大ホール』の内部を歩くように、360°自由に見ることができる『おうちで3D&VR パシフィコ横浜国立大ホール バーチャル内覧会』を開催します。本企画は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、外出や移動が制限されているなか、高精細の5G対応3Dビュー&VR画像によりオンラインで一般公開するものです。

『国立大ホール』は、1994年の開業以来、『国連防災の10年世界会議』、『2010年日本APEC首脳会議』、『アフリカ開発会議』などの政府系国際会議から、コンサートや入学式・卒業式など、数々のイベントの舞台となってきたパシフィコ横浜を代表する施設です。海をモチーフにした美しい内装やアートワークだけではなく、普段見ることのできないVIP室や舞台裏などもご覧いただけます。また、ギリシャ神話の世界が描かれた平山郁夫画伯下絵による大ステンドグラスは、現在休止中となっている“一般公開”の代わりとしてお楽しみいただけます。


 

なお、撮影は、現在開催中の『おうちで3D&VR パシフィコ横浜ノース バーチャル内覧会』と同様、一般社団法人VR革新機構(代表理事 横松繁)が行う、新型コロナウイルス感染拡大の影響で休館・休園・入場制限している施設へのボランティア活動の取り組みを活用しています。

パシフィコ横浜は、本年7月に開業30周年を迎えます。これまで同様に、皆様から親しまれる施設を目指すとともに、イノベーションが生み出される、人とひとの交流の”場”となり、日本を代表するMICE施設として継続して地域に経済効果を生み出していきたいと考えています。

パシフィコ横浜国立大ホール バーチャル内覧会概要

正式名称:おうちで3D&VR パシフィコ横浜国立大ホールバーチャル内覧会
実施期間:2021月3月5日(金)~2022年3月31日(木)
公開場所:パシフィコ横浜 公式ホームページ https://www.pacifico.co.jp/visitor/events/2020/conventionhallvr/tabid/716/Default.aspx
撮影協力:一般社団法人VR革新機構 http://vrio.3d-vr.jp/

パシフィコ横浜国立大ホール バーチャル内覧会 見どころ

5,000席の国内最大級の国際会議場。二枚貝をイメージした外観の、パシフィコ横浜のメイン施設です。フレキシブルな可動式舞台機構により、国際会議はもちろん、コンサート、記念式典、企業インセンティブなど様々なイベントにご利用いただけます。

エントランスロビーには、星座を描いた美しいステンドグラスがあり、マリンロビー、ホールと館内に進むにつれ、海の中に入っていくような、デザインが随所に施されています。全面ガラス張りのシーサイドロビーからは横浜港の美しいパノラマが臨めます。


     
 数々の国際会議が開催された国立大ホール    ホール3F客席からの眺め
     
 エントランスロビーを彩るステンドグラス    全面ガラス張りのシーサイドロビー
     
 数々の要人を迎えてきたVIPルーム(3F)    海をイメージしたデザインの階段室

Matterportを活用した3D&VR映像撮影について

国内へのVRの普及活動を行っている一般社団法人VR革新機構のご協力のもと、約5日間かけて国立大ホールの内観を撮影いただきました。Matterport Pro2 CameraとLeica BLK360の2つのカメラを使い、Matterport(マーターポート)のクラウドシステムにて、映像提供をしています。

ドールハウスビューによる3D画像の立体視、フロアマップ表示による間取り確認、測定モードによるサイズ計測、そしてVRモードによるVR(バーチャル)体験などができる、最先端のVRシステムです。

     

プレスリリース

パシフィコ横浜市民向けオンライン内覧会 第2弾! 「おうちで3D&VR パシフィコ横浜国立大ホール バーチャル内覧会」国際会議やイベントの舞台となった国立大ホールを最新・高精細なVR技術で体感 

一覧へ戻る