本文へスキップします。

プレスリリース

Web申込システム「パシフィコ横浜 ユーザーページ」をリリース 印刷

2021/08/24

施設利用手続きのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進でユーザビリティ向上を実現

国内最大級の複合MICE施設、パシフィコ横浜は、2021年10月1日(金)より、クラウド型のWeb申込システム『パシフィコ横浜 ユーザーページ』(以下、『ユーザーページ』)の運用をスタートします。本システムの導入により、開催をご決定頂いた催事の施設利用申込をはじめ、各種サービスの申込手続きが全てオンライン上で可能となり、お客様の利便性が格段に向上します。

これまで、施設利用や各種サービスは、異なる申込様式で受け付けており、ご利用のお客様より、手続きを簡便にして欲しいとのご要望をいただいておりました。また、昨年以降、ご利用のお客様の多くがリモートワーク(在宅勤務)に移行し、各企業・団体での、ペーパーレス化や脱ハンコへの動きが加速しました。こうした背景から、パシフィコ横浜では、「お客様の時間や場所を選ばない手続き環境」や、「デジタルトランスフォーメーション(DX)によるお客様の利便性」を実現するため、『ユーザーページ』の開発に取り組み、このたびの運用開始となりました。

パシフィコ横浜では、今回の『ユーザーページ』運用開始を「デジタルトランスフォーメーション(DX)」推進の第一歩と捉え、今後も、快適で魅力ある施設として、お客様の理想を叶えるソリューションの提供に取り組んでまいります。


パシフィコ横浜 ユーザーページ概要

●正式名称:パシフィコ横浜 ユーザーページ
●利用対象:催事主催者、運営代理店、その他施設利用者
●主な内容:①施設利用申込書を電子化
      二段階認証の導入により押印不要に。
      ②各種手続き・サービスの申込をオンライン化
      搬入出作業などの申請や各種サービスなどの申込手続きがWeb上で完結。
      ③開催までの進捗管理を見える化
      各種サービスの手続きの進捗状況や期限を見える化し、開催までの準備をサポート。
      ④催事関係者間で共有可能な専用プラットフォームの提供
      オーダーした会場使用時間や会場レイアウトなど、催事関連データを催事関係者間で共有可能に。 
      ⑤パシフィコ横浜公式ホームページの催事情報編集機能を継承
      ユーザーページで登録した催事情報はホームページのイベントカレンダー上へデータ連携が可能に。
●運用開始予定日:2021年10月1日(金)

    
 
 『パシフィコ横浜 ユーザーページ』 画面イメージ
 
※1 MICEとは
  Meeting(企業ミーティング)、Incentive Travel(報奨・研修旅行)、Convention(国際会議)、Exhibition/Event
(展示会/イベント)といったビジネスイベントの総称。

プレスリリース

施設利用手続きのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進でユーザビリティ向上を実現
Web申込システム「パシフィコ横浜 ユーザーページ」をリリース

 
 

パシフィコ横浜 ユーザーページ概要

●正式名称:パシフィコ横浜 ユーザーページ
●利用対象:催事主催者、運営代理店、その他施設利用者
●主な内容:
①施設利用申込書を電子化
二段階認証の導入により押印不要に。
②各種手続き・サービスの申込をオンライン化
搬入出作業などの申請や各種サービスなどの申込手続きがWeb上で完結。
③開催までの進捗管理を見える化
各種サービスの手続きの進捗状況や期限を見える化し、開催までの準備をサポート。
④催事関係者間で共有可能な専用プラットフォームの提供
オーダーした会場使用時間や会場レイアウトなど、催事関連データを催事関係者間で共有可能に。 
⑤パシフィコ横浜公式ホームページの催事情報編集機能を継承
ユーザーページで登録した催事情報はホームページのイベントカレンダー上へデータ連携が可能に。
●運用開始予定日:2021年10月1日(金)    
  
 
 
 『パシフィコ横浜 ユーザーページ』 画面イメージ
 
※1 MICEとは
  Meeting(企業ミーティング)、Incentive Travel(報奨・研修旅行)、Convention(国際会議)、Exhibition/Event
(展示会/イベント)といったビジネスイベントの総称。

プレスリリース

施設利用手続きのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進でユーザビリティ向上を実現
Web申込システム「パシフィコ横浜 ユーザーページ」をリリース

 

一覧へ戻る