本文へスキップします。

お客様の声 3

第18回 世界肺癌学会議

Mathias Posch

私達は、パシフィコ横浜で約7,000人が出席した2017年世界肺癌学会議を開催し、素晴らしい都市と会議場を直に経験することができました。この経験を通して、横浜は、成田及び羽田空港からのアクセスが大変良く、世界各国を代表する参加者が来日する際とても便利で、また、多種多様な魅力的なアトラクションが近隣にあり、学会開催地として大変相応しい都市であることが証明されました。 パシフィコ横浜のスタッフの皆さんは、いつもとてもフレキシブルで私達のニーズに細心の注意を払ってくれました。パシフィコ横浜だけでなく、インターコンチネンタルホテル及び、その他の事業者さん含むチーム横浜全体が提供してくれた素晴らしいサービスは、横浜での私達の学会を本当に印象に残る体験にしてくれました。日本人の「おもてなし」の精神は他にはない唯一のものであり、私たちが行った学会開催後のアンケートでは、多くの出席者が、日本は、特に今回の学会が開催された横浜は、国際会議の開催地として最適であるという結果を出しています。

主催 国際肺癌学会
開催期間 2017年10月15日(日)~18(水)
会場 国立大ホール・会議センター・展示ホール・アネックスホール
参加者数 6,764人(参加国数82ヶ国)